beauty
このエントリーをはてなブックマークに追加

理想の施術

豊胸手術をするときの注意点

豊胸手術は手術方法によって注意点があります。シリコンバッグという人工乳腺を入れるバッグプロテーゼ挿入法の豊胸手術はもっとも確実に胸を大きくできます。しかし、リスクが高くバッグの品質によっては破裂することもあります。最近のシリコンバッグは破れないように出来ているものが多くなています。豊胸手術を受ける場合は、シリコンの品質までこだわって選ぶことが大事です。 ヒアルロン酸注入のプチ豊胸術は、リスクが最も低く、ほとんど副作用もないので安心してできます。しかし、ヒアルロン酸は持続性が弱く2年くらいで元に戻ってしまうという欠点があります。一時的に大きくしたいならお勧めですが、継続して胸の大きさをキープしたい場合はコストパフォーマンス的に高くつく手術です。

人工バッグ挿入の手術

もっとも古くから行われている豊胸手術がシリコンバッグを入れる方法です。脇の下を切開して、大胸筋の下や大胸筋膜下などに入れてボリュームを出します。バストサイズを3カップ以上も大きくできるのはバッグ挿入法だけです。一度入れて定着すると長期間大きなバストをキープできます。 一昔前は、シリコンバッグが胸の中で破れてしまい、液体が漏れてしまうなどのトラブルが相次ぎました。そんな問題が表面化してから生まれたのが生理食塩水バッグです。生理食塩水バッグもシリコンバッグと同じように胸を希望のサイズにアップできます。最近はシリコンも生理食塩水バッグも安全性が高くなっていて、触感や見た目が自然なので誰にもばれずに豊胸ができます。